番組配信!!『第二十七回:どろどろじめじめスワンプ・ロックPart.1』~レオン・ラッセルから始まる音楽シンジケート~



みなさんどうも〜!
さあロック向上委員会ドットコム配信日がやってまいりました!!
しかも今回はみんな大好きスワンプロック特集です!!

タイトルもずばり!!!

『第27回:どろどろじめじめスワンプ・ロックPart.1』
~レオン・ラッセルから始まる音楽シンジケート~

でっす!!!ヽ(・ω・。ヽ)イェイ♪(ノ。・ω)ノ イェイ♪(σ。・ω)σ イェイ♪

一昨年、享年74歳で惜しくも亡くなってしまった天才レオン・ラッセルと、彼と関わり合いが深いアーティストを中心に、スワンプロックの奥深さを、色々な角度から聴いていきます!!
これは必見です!!
ROCKをLOCKでLOOKしな!!
 (*’ェ’*)ノ ォゥィェ
ぜひお楽しみください!!!!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



☆ロック向上委員会ドットコム☆


『第27回:どろどろじめじめスワンプ・ロックPart.1』~レオン・ラッセルから始まる音楽シンジケート~



ロック向上委員会ドットコム27回目は、私バグースがよく口にする言葉=スワンプ・ロックを特集します。スワンプ・ロックも米国スワンプと英国スワンプとがありますが、今回は源流となった偉人:Leon Russellを中心にご紹介。Leon Russellと言えばスワンプ云々だけでなく、永遠の名曲と言えるA Song For You, Superstar, This Masquerade等を作ったお方。そういったこともひっくるめ、あらためてスワンプ・ロック周辺の奥深さを体感していきましょう。いつもと変わらず無駄話も盛りだくさん。ロック好きじゃない方もどうぞ。


番組アーカイブはオフィシャルページから↓
http://rockkojo.com/index.html

Youtube動画はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=-OSG3QjuFI8




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






番組内紹介楽曲


■スワンプ・ロックの源流
1: Delaney & Bonnie / It’s Been A Long Time Coming (Home : 1969)
Delaney & Bonnieの実質的1st作。白人とは思えない“黒い音楽性”で多くの人を魅了した作品だ。Eric Claptonら英ミュージシャンがスワンプへと移行し始めたのも彼らが居たからであり、そういった意味でも歴史的重要作である。


2: Joe Cocker / Space Captain (Mad Dogs & Englishmen : 1970)
Leon Russellの人脈を最大限に生かした一大スワンプ・ショーが刻まれた作品。名プロデューサー:Denny Cordellにほぼ全てを任されたLeonの手腕が光るこの名作によって、スワンプ・ロックはさらなる飛躍を遂げることとなる。


■スワンプ・ロック・ムーヴメント張本人
3: Leon Russell / Delta Lady (Leon Russell : 1970)
LAスワンプのボス:Leon RussellのSolo 1st作。スワンプの集大成と言っても過言ではない大名盤だ。自身のレーベル:Shelter Recordsの第一号作でもあり、この時期の米英ミュージシャンの全能力が集結した作品となっている。


4: Leon Russell / Stranger In A Strange Land (And The Shelter People : 1971)
Leon Russellの2nd作。1st/3rdと共に、スワンプ・ロックの最高峰となる名作だ。前作同様、曲によりメンバーも録音場所も異なっているが、それを束ねるLeonの個性が強烈。真似のできないLeonワールドが繰り広げられた作品。


■Leon Russellコネクション
5: J. J. Cale / Cocaine (Troubadour : 1976)
独特なスワンプ感覚でミュージシャンを魅了するJJの4th作。Eric Claptonが崇拝していることでも有名だ。コンポーザーとしても、ギタリストとしても優れており、ミュージシャンズ・ミュージシャンとして輝く偉人である。


■そしてBonnieに戻る
6: Voormann & Friends / My Sweet Lord feat Bonnie Bramlett (A Sideman’s Journey : 2009)
70年代ロック・シーンに大きく関与していたKlaus Voormannの初Solo作。Paul McCartneyやRingo Starrらをはじめ、親交のある有名ミュージシャンとのセッションを楽しむサイドマン:Voormannの人柄が滲み出た名作。








スペシャルサンクス
ALLBGM by Seki Show(関将)
http://www.sekishow.jp/

番組オフィシャルHP
http://rockkojo.com/
番組へのメッセージは専用フォームからお願いします。





このブログの人気の投稿

番組配信!『第十回:パープル・ファミリーから聴くHR(ハードロック)の真髄・前編』 ~往年のファンには懐かしく・これからのファンには必需品~

番組配信!!『第二十三回:英米ブルース・ロックへの入口 前編』 ~避けて通れぬロックの源流~

番組配信!!『第二十四回:英米ブルース・ロックへの入口 後編』 ~避けて通れぬロックの源流~