番組配信!!『第43回:バグース的2018年ロックの新作ベスト8』~年内必須のこの作品!だからロックは止められない♪~


こんにちわ!!!
いよいよ今年もロック向上委員会最後の配信です!!!
いや〜早いですね〜!今年も1年ご視聴いただきありがとうございました。
来年ものんべんだらりんとお届けしていきますのでどうぞお付き合いくださいね!!

そんな今年最後のロッ向の特集はこちら!

『第43回:バグース的2018年ロックの新作ベスト8』
~年内必須のこの作品!だからロックは止められない♪~

いよっ!待ってました!!\\\\(۶•̀ᴗ•́)۶////
…と勝手に待たせたところで、今年も最後!2018年はみなさん何枚新譜を買いましたか??歳をとってくると以外に新譜に疎くなってきますよね〜。いかんいかん。そんなみなさんに、バグース委員長の2018年に発売された新譜からおすすめTOP8を大大大発表いたします!!!!是非チェックして、興味があったら購入してくださいね。

雨にも負けず、風にも負けず、機材トラブルにも負けず・・・
今年もありがとうございました!
忘れないうちにメリクリ、あけおめ、ことよろ!
ROCKをLOCKでLOOKしな!!
 (*’ェ’*)ノ ォゥィェ
是非ダラダラとお楽しみください!!!!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



☆ロック向上委員会ドットコム☆


『第43回:バグース的2018年ロックの新作ベスト8』
~年内必須のこの作品!だからロックは止められない♪~


ロック向上委員会ドットコム43回目は、2018年を締め括る『新作ベスト8』をご紹介。当然ながら趣味嗜好が入っておりますので、あくまでも”バグース的”という姿勢でございます。そして、選んだ作品は言葉通りの”新作”のみ。リイッシュー盤や未発表音源集などは入れず、純粋に新作から選んでいます。新作というものから遠のいている往年のロック・ファンの方も、近年のポピュラー音楽界の傾向を肌で感じていただければ幸いです。いつもと同じく無駄話も盛りだくさん。ロック好きじゃない方もどうぞ。



番組アーカイブはオフィシャルページから↓
http://rockkojo.com/index.html

Youtube動画はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=B5H8ggivkiQ




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




番組内紹介楽曲


バグース的2018年ロックの新作ベスト8

8位 FM / Atomic Generation 

英HRバンド: FMの11th作。毎作、安心のクオリティを保っているが、今作もやはり秀逸。キャッチーで粘り気のあるグルーヴに包まれたサウンドを聴かせてくれる。シンガロングできるHR好きにはドストライクな1枚。

7位 The Magpie Salute / High Water I 

Rich Robinson, Mark Ford, Sven Pipienらを中心にした、The Black Crowesの血を受け継ぐバンドの2nd作。BC全盛期を支えた彼らの粘り気のあるグルーヴが特徴。深くまで掘り下げた米ルーツ・ロックを聴かせてくれる。

6位 The Struts / Young & Dangerous 楽曲:Body Talks feat. Kesha 

新世代Glam Rock系の2nd作。1stで聴かせてくれたメロディ/アレンジ・センスはここでも健在で、シンガロングできるキャッチーな曲が目白押し。楽しくて少し猥褻で、美メロも輝く『おもちゃ箱』のような作品である。

5位 Phil Campbell & The Bastard Sons / The Age Of Absurdity 

元MOTORHEADのPCとその息子達+友人によるバンドの1st作。MOTORHEADファンを裏切らない爆音/爆走のR&Rが目一杯詰まっており、王道を突き進んだ作品と言えるだろう。グルーヴがとてもカッコイイところも◎だ。

4位 Lenny Kravitz / Raise Vibration

LKの新作。無理矢理Rockに仕上げるのではなく、Funkyでゆったりしたグルーヴが全編を覆い尽くしている。1st作、2nd作の頃に戻ったとまでは言わないが、それに近い骨格を持った素晴らしい作品と言えるだろう。

3位 Elvis Costello & The Imposters / Look Now 楽曲:Unwanted Number

EC久々のThe Imposters名義作。2008年のMomofuku以来10年振り。相変わらずの捻くれたメロディと曲展開、職人技による素晴らしい音楽の集合体である。派手な曲は存在していないが、何度も聴き返してしまう魅力が満載。

2位 Alice In Chains / Rainier Fog 楽曲:The One You Know

グランジ/オルタナ・ムーヴメントの旗手6th作。うねるGリフとリズム隊、「鬱病のThe Beatles」と呼ばれたキャッチーで美しいハーモニー等、AICにしか出せない独特な音楽性を維持しつつ、さらなる高みへと到達した名作。

1位 Dawes / Passwords 楽曲:Feed The Fire + My Greatest Invention 

Dawesの6th作。デビュー以来、素晴らしきメロディをシンプルなアレンジで聴かせるスタイルに変化は無く、今作も見事なまでに上質な音楽に仕上がっている。この垢の付いていない音楽性が、日本で紹介される日は来るのだろうか?



スペシャルサンクス
ALLBGM by Seki Show(関将)
http://www.sekishow.jp/

番組オフィシャルHP
http://rockkojo.com/
番組へのメッセージは専用フォームからお願いします。





このブログの人気の投稿

番組配信!!『第二十四回:英米ブルース・ロックへの入口 後編』 ~避けて通れぬロックの源流~

番組配信!!『第二十三回:英米ブルース・ロックへの入口 前編』 ~避けて通れぬロックの源流~

番組配信!!『第二十八回:どろどろじめじめスワンプ・ロックPart.2』~もうひとつの頂点:CCR特集~