番組配信!!『第二十五回:バンドも売れなきゃやっていけない!?Part.1』 ~ブルース・ロックから売れるロックへ~



みなさんこんにちは!!!
もう春ですね〜、早いところでは桜もちらほら。
四季がある日本に生まれてよかったと思える季節ですね。
半月前は花粉症で最悪の季節だとも思っていましたが・・・。笑
もうすぐ春爛漫な今日この頃、いかがお過ごしでしょうか??

出会いと別れの季節です。
そんな時期にお送りするロック向上委員会のテーマは・・・だだんっ!


『第25回:バンドも売れなきゃやっていけない!?Part.1』
~ブルース・ロックから売れるロックへ~

どえす!!(ง ˙ω˙)ว ⁾⁾
もちろん出会いと別れとは一切関係ありま・・・
と思いましたが、意外に関係あるかもしれません。笑


前回からのブルース・ロックの流れでお送りする今回は、有名ロックバンドが必ず通る道「売れるために楽曲を作るのか、自分たちの音楽性を追求するのか」問題!!!売れるために時代の流れに乗ったのか、それとも本来ポップな方向性を持っていたのに時流に乗ってブルース・ロックを目指したのか?当然ながら売れなきゃバンドを維持できない!何が理由でそうなったのかを音源を聴きつつ追求していきます!!!

ROCKをLOCKでLOOKしな!!
 (*’ェ’*)ノ ォゥィェ
ぜひお楽しみください!!!!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




番組内容

『第25回:バンドも売れなきゃやっていけない!?Part.1』
~ブルース・ロックから売れるロックへ~



ロック向上委員会ドットコム25回目は、前回までのブルース・ロックからの流れで「衝撃的音楽性方向転換を行ったバンド」をご紹介。売れる為に時代の流れに乗ったのか、それとも本来ポップな方向性を持っていたのに時流に乗ってブルース・ロックを目指したのか?当然ながら売れなきゃバンドを維持できない!何が理由でそうなったのか、音源を聴きつつ追求していきましょう。いつもと変わらず無駄話も盛りだくさん。ロック好きじゃない方もどうぞ。



番組アーカイブはオフィシャルページから↓
http://rockkojo.com/index.html

Youtube動画はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=ZgfqCafsxYI





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜






番組内紹介楽曲




■Fleetwood Macの場合
1: Fleetwood Mac / Need You Love So Bad (The Pious Bird Of Good Omen : 1968)
英国エレクトリック・ブルース・バンド全ての中でも最高峰と言えるFMの名盤。英3rd作/アルバム未収録のシングルを集めた編集盤。FMらしい妖気漂う英国ブルース・ロックが十二分に発揮された作品だ。


2: Fleetwood Mac / Sentimental Lady (Bare Trees : 1972)
Peter Green、Jeremy Spencerが脱退し、Christine McVie、Bob Welchらが加入して違うバンド体制となった6th作。多少Blues Rockの香りは残しつつ、抜群のポップ・センスが開花。珠玉の名曲が詰まった名作である。

3: Fleetwood Mac / Dreams (Rumours : 1977)
セールス的金字塔を打ち建てた1枚。リリースから現在までに4,000万枚を超える売上を記録しているモンスター作である。メンバー間は最悪な状況だったが、マイナスな状態からでも秀逸な作品を生み出せることを示した名盤。


■CCBBの場合
4: The Climax Chicago Blues Band / And Lonely (The CCBB : 1969)
CCBBの1st作。英国三大ブルース・ロック・バンドらに少し遅れてのデビューである。英国White Blues作の中でも出色の完成度で、落ち着き過ぎかな?と思う面もあるが、Bluesに対してかなり研究していることが分かる。


5: Climax Blues Band / Mighty Fire (Gold Plated : 1976)
CBBの9th作。完全にアメリカ指向だが、英国らしいポップな捻りも少々。ブルース・ロックとポップスの融合なんて簡単に言いたくはないが、CBBが目指した地は、他英国ブルース・ロック勢には到達し得なかった境地なのだ。


6: Climax Blues Band / Victim (Lucky For Some : 1981)
CBBの13th作。シングル以外ではセールス的に苦しんだCBBだが、どのアルバムもカッコ良いので要チェック。もうここではブルースの匂いはほとんどしないが、相変わらず切り込むようなヘイコックのGが特に素晴らしい。










スペシャルサンクス
ALLBGM by Seki Show(関将)
http://www.sekishow.jp/

番組オフィシャルHP
http://rockkojo.com/
番組へのメッセージは専用フォームからお願いします。




このブログの人気の投稿

番組配信!!『第二十三回:英米ブルース・ロックへの入口 前編』 ~避けて通れぬロックの源流~

番組配信!!『第二十四回:英米ブルース・ロックへの入口 後編』 ~避けて通れぬロックの源流~