番組配信!!『第十六回:英米フィメール・ヴォーカリスト特集・前編』~ジャニス・ジョプリンから聴こう~



みなさんこんにちわ!!
台風・選挙で世間は慌ただしいですが、そんな中でも番組配信です!
16回目となる今回は・・・


『第十六回:英米フィメール・ヴォーカリスト特集・前編』
~ジャニス・ジョプリンから聴こう~

です!!

ぶんちゃん興味津々の女性Voシリーズです。ただし、女性Voという括りでは、あまりに世界は広過ぎる&歴史は長過ぎる!ということで今回は『60’s-70’s英米ロック女子黎明期』に絞ってご紹介していきます。

まずはジャニスからはじめていきましょう!!!それではご視聴ください!!


番組アーカイブはオフィシャルページから↓
http://rockkojo.com/index.html

Youtube動画はこちらから↓
https://www.youtube.com/watch?v=0gRmbXtblwk




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



番組内紹介楽曲


■ロック女子の金字塔:Janis Joplin (米)
1: Big Brother & The Holding Company feat Janis Joplin / Bye, Bye Baby (Big Brother & The Holding Company : 1967)

1965年結成。1966年にはJanis Joplinが加入し、他バンドとは一線を画す爆発力を見せたバンド。大音量で楽器をかき鳴らすスタイルのバンド故、ここでジャニスは全力でシャウトする事を覚えたと言われている。


2: Big Brother & The Holding Company / I Need A Man To Love (Cheap Thrills : 1968)

モントレー・ポップ・フェスティバル出演を経てメジャーColumbia Recordsと契約。移籍第一弾となるのがこの作品だ。SummertimeとBall and Chainという、ジャニス渾身の熱唱が聴けるこの作品を1番とするファンは多い。


■ロック女子の金字塔:Grace Slick (米)
3: Jefferson Airplane / Somebody To Love (Surrealistic Pillow : 1967)

60年代後半のサイケデリック・ムーヴメントを代表するJAの名盤/2nd作。ここからGrace Slickが加入し、彼女が持ち込んだ名曲:Somebody To Loveが大ヒット。一気に時代の寵児となり、数多くのフォロワーが生まれた。


■スワンプ・ロックの源流:Bonnie Bramlett (米)
4: Delaney & Bonnie / It’s Been A Long Time Coming (Home : 1969)

米スワンプ・ミュージックを世に知らしめたDelaney & Bonnieの実質的1st作。サウンドがあまりにも“黒過ぎて”お蔵入りになっていた作品。黒人の間で物議を醸すほど、力強いナチュラルなソウル・アルバム。


■マッスルショールズの先駆け:CHER (米)
5: CHER / For What It’s Worth (3614 Jackson Highway : 1969)

CHERのSolo 6th作。マッスルショールズ・サウンド・スタジオ設立後の第1弾として作られた記念碑的作品だ。他米英のミュージシャンがマッスルショールズで作品を作るようになる、その先駆けとなった作品でもある。


■英国版ジャニスと言われ:Maggie Bell (英)
6: Rod Stewart / Every Picture Tells A Story (Every Picture Tells A Story : 1971)

名曲/Maggie May収録の名盤。オープニングを飾るタイトルトラックにMaggie Bellがコーラスで参加。ここで聴けるロッドとマギーの掛け合いは、英国を代表する男女ブルー・アイド・ソウルの共演と言えるだろう。



スペシャルサンクス
ALLBGM by Seki Show(関将)

番組オフィシャルHP
番組へのメッセージは専用フォームからお願いします。




このブログの人気の投稿

番組配信!『第十回:パープル・ファミリーから聴くHR(ハードロック)の真髄・前編』 ~往年のファンには懐かしく・これからのファンには必需品~

番組配信!!『第二十三回:英米ブルース・ロックへの入口 前編』 ~避けて通れぬロックの源流~

番組配信!!『第二十四回:英米ブルース・ロックへの入口 後編』 ~避けて通れぬロックの源流~